山梨名物「信玄餅」の正しい食べ方(仮説)

今回はこれ
「信玄餅」
大好きな方も多いのでは??



よく家族やご近所さんが山梨方面へ旅行なんかに行くと、
必ずお土産に買ってきてもらっていました
今回もお祖母ちゃんが長野旅行の帰りに山梨によって信玄餅を買ってきてくれました。



良いんですよね♪きな粉と黒蜜の塩梅が(笑)



でも食べづらいですよね、このお菓子。


で、ある時テレビか友人から聞いたのか忘れてしまったのですが、
信玄餅の正しい食べ方って言うのをどこかで聞いたんです。



ですので、ちょっと今日は信玄餅の食べ方(仮説)について
レクチャーしてみたいと思います。



まずは最初の状態
信玄餅1
このビジュアルがたまらんですよね(笑)
まあ、この状態はもちろん当たり前なんですけど。。。



次に
信玄餅2
ビニール袋をほどいて、楊枝?と黒蜜を取り出します。
ここまでもまだ普通ですね。
でも、ここでのポイントはほどいたビニールをそのまま下にひいておくことです。



つぎは
信玄餅3
当たり前のように中蓋を取ります。
通常はここで黒蜜を投入する方が多いのでは?



しかし・・・
ここからがポイントです。
信玄餅4
一旦、器を持ち上げ、中に入っているきな粉だけを楊枝で綺麗にビニールの上にあけます。



そして・・・
信玄餅5
なるべくきな粉をふるい落として、その上にお餅を一個一個ちゃんと離して置きます。



さらに・・・
信玄餅6
お好みの多さの黒蜜をここで投入します。
この時餅にきな粉が沢山ついてしまっているとはじいてしまうので、気をつけてくださいね。
といってもはじいてしまうんですが・・・



そしてそして・・・
信玄餅7
きな粉と黒蜜を混ぜ混ぜして、ある程度お餅に絡めるくらいになったら、
お餅と一緒に楊枝でお口へGO!




お茶はほうじ茶が一番合うんじゃないでしょうか?



と、まぁ、これが正しい信玄餅の食べ方らしいです。
結構、人前でやってみせるとみんな、驚くんですよね。


ただ、どうしてもきな粉の量が多いような気がするんですが、
そこも信玄餅の魅力なのかも・・・・



ではでは、信玄餅を食べる機会がございましたら、是非お試しあれ。


















スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

人気スニーカー

スポンサーリンク

Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)

最近のトラックバック

access

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム