苦丁茶とプーアル茶

どうも、素材モデル・飯田健治です。


最近、巷では「苦丁茶」が流行っているとか・・・

とても苦い中国茶の一種です。

ダイエットに効果絶大とうたっていますが、まぁ、ダイエットの一環として飲むのは良いかもしれません。

苦丁茶の定義は「苦くて体に良いお茶」です。

つまり、苦くて体に良いものならなんでも苦丁茶になってしまうんです



まぁ、いろいろなものがあるのですが、たいていは大きな葉を丸めて細長く棒状にしたものや、
タニシのように丸めたものが多いです


大きな葉は一枚でマグカップ一杯分出るので、「一葉茶」とも言われています。


ただし、これは僕の私感も含めてですが、もし、ダイエット目的で苦丁茶を飲むのなら!・・・






・・・・プーアル茶のほうが有効です。

そう、プーアル茶こそダイエットを助ける中国茶なのです。

通常、中国茶というのは酸化発酵と言い、単純に言うと茶葉を腐らせるんです。
と言っても、腐ったものは飲めません。



お茶の葉には「カテキン」という成分が多量に含まれています。
そのため、酸化発酵してもカテキンのおかげで腐ることがないのです。



しかしながら、プーアル茶は酸化発酵ではないのです。
麹菌という菌をわざと混ぜて発酵させるのです。
中国茶で酸化発酵以外で発酵させるお茶は多分プーアル茶だけだと思います。



ということで、麹菌を使ったプーアル茶は胃にたまった油分や不必要なものを洗い流してくれる
作用があるようです。




なので、ダイエット目的で苦丁茶を飲むなら、わざわざ苦い思いをせずとも、
プーアル茶のほうが効果は出るはずです(もちろん個人差はあります)スイーツ食べた後とか、グルメを堪能した後とか。。。



プーアル茶は菌がついた状態のものが本場のものはほとんどなので、
一度お湯を茶葉にかけ、そのお湯を捨てます(洗茶)と言います。


2回目のお湯から飲むことができます。←ここ、非常に重要です


洗茶をしないで飲むと変な灰汁が浮いたりします。

また、プーアル茶はお湯に茶葉を長時間浸けておいても、苦くなることはなく、
味が濃くなるだけですので、その際はお湯でうめてください
















スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

人気スニーカー

スポンサーリンク

Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)

最近のトラックバック

access

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム